不眠症ではないのだった

うつ

昨日はな~んにもする気が起きませんでした。

「うつ病」と「なまけ」との区別がつかない、と言う声を聞いたことがありますが、昨日の私は、その割合が半々くらいだったのではないかと思います。

 

自分では「なまけ」は否定したいのですが、本当に「うつ」で動けないのか?

といわれたら、言われたことを全否定することができない自分がいるのが悔しいです。

できたことは、マットレスの上で横になっていること。

幸い、パニック発作は起きませんでした。

案の定、夜、眠れなくなってしまいました。

日中に横になってはいけないことは以前に書きました。

気になる人は依然書いた「日中横になってはいけません」を読んでください。

 

眠ろうとしたときに、洗濯機がトラブルを起こし、その対応に追われてしまい、眠るタイミングを逸したことも大きな原因です。

自律訓練法を行うとリラックスできて眠くなることを思い出し、邪道な使い方ではありますが、自律訓練法を繰り返してみましたが眠れませんでした。

時計の針は1時を回った様子です。

仕方なしに、以前不眠のときに処方してもらった睡眠導入薬のルネスタを口にしました。


気がついたら、妻が起きるためにかけた目覚ましがなっていました。

5時20分です。

いつの間にか私も眠ったようでしたが、たぶん3~4時間だと思います。

妻が朝食の準備から戻り、起床する時間が6時。

このときはラジオが鳴ります。

妻はいったんラジオを止めますが、私が起きる6時30分まではあっという間。

「新しい朝が来た~」

またラジオが鳴ります。

 

希望の朝、希望はもっと眠ること。

眠い・・・・・・

 

やっぱり日中に横になってはいけません

 

主治医いわく

主治医
主治医

夜、眠る努力をするのなら、日中、起きている努力をしなさい。

今朝は明らかに不眠症ではなく、ただの寝不足でした。
今日は横にはなっていないぞ~

コメント