使わなくなったパソコン

マイクロソフトがWindows7のサポートを終了しました。
なにか、Windows7に大きな欠陥があったとしても(考えにくいですが)、マイクロソフトでは、その修正をしないということです。

今でもマイクロソフトのサイトからWindows10のデータをダウンロードして、無料でバージョンアップもできるのですが、パソコンの性能を考えると躊躇してしまう、という方も多いはず。

ちなみにWindows10のディスクイメージのダウンロードサイトは以下のURLです。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

ワタクシ的には、ネットと表計算・ワープロでしか使っていないのでしたら、Linuxのubuntu18.04LTSをインストールして表計算などはマイクロソフト互換のLibreOffice、ネットはGoogleChromeかFirefoxを使う。プリンターはLinux用のドライバーが配布されているタイプのものに買い換える(結構キヤノンではLinux用のドライバーを配布しているようです)、というのがいいとは思うのですが、やっぱり敷居が高いですか・・・


さて、パソコンを廃棄するには、通称PCリサイクル法で、例えば粗大ごみとして、行政に回収してもらう、というようなことができません。

パソコンの本体などに「PCリサイクル」というシールが貼ってある製品はパソコンメーカーが無料で回収してくれます。

パソコン3R推進協会のサイトより

ネットでお使いのパソコンメーカーのサイトで「PCリサイクル」を検索してみると、リサイクルの方法が載っていると思います。

PCリサイクルマークがついていない、例えば古いパソコンや自作のパソコン・またはメーカーが倒産してしまった、などの時は「パソコン3R推進協会」に申し込んで回収してもらう、という手順を取ります。この場合、リサイクル料が数千円程度かかります。

パソコン3R推進協会
https://www.pc3r.jp/


パソコンの回収業者に回収してもらう、という方法もあります。
回収業者までの送料はかかりますが、リサイクル料金よりは安いようです。

回収ではなく、買い取りの場合もありますので、検討の価値はあります。

私も、パソコンやモニターなどを回収してもらったことがあります。
何度か利用させてもらいましたが、私の場合トラブルもなく、気持ちの良いお付き合いができました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする